養老天命反転地へ行ってきました!
更新日: 2013年11月17日


平衡感覚や、遠近感を揺さぶる…

養老天命反転地 へ行ってきました。



 


天井から壁が生えていたり、壁に家具が埋まっていたりする建物や迷路と傾斜で構築されたこの、養老天命反転地。

美術家の荒川修作とマドリン・ギンズによって作られた広大なアート空間です。






中は迷路のようになっています。

床が傾斜していて、しっかり立って歩かないと危険な構造icon10








岩がゴロゴロと置かれている「昆虫山脈」。




頂点にはくみ上げポンプ。水を求めて登る人の姿を昆虫になぞらえているそうです。






「楕円形のフィールド」。巨大なすり鉢状になっていて様々なパビリオン。

フィールドはかなりの広さと高低差がありました。




「運動路」。「楕円形のフィールド」の壁には、扉のような穴が空いている所もあり、

子供達は「洞窟発見!!」とテンション高めに、ナビゲートしてくれました。








普段との知覚のギャップを体で楽しめるようなこの感覚…

平坦な道に慣れた体にはとても刺激的!








感覚がおもしろい!







お隣の、「こどもの国」にも行くことができました。

そこにもまた、子供達がワクワクする遊具ばかり。












笑い声の絶えない遠足となりましたicon18






養老って、ひょうたんが有名って知らなかったなぁ…









←前 次→